減額シミュレーション 減額シミュレーション
債務整理

 債務整理とはどんな手続き?クレジットカードは使い続けられる?

債務整理とは、借金の返済計画を変更したり借金の支払いを免除してもらうことによって、借金問題を解決し経済的な立て直しを目指す手続きです。

しかし債務整理を行うことで信用情報の影響によりクレジットカードは使用できなくなります。

この記事では、まず初めに債務整理の手続きについて説明した後、債務整理前後でクレジットカードの契約、利用、更新の可能性について詳しく解説します。

債務整理とは?

債務整理とは、借金問題を抱える人々が法的手続きを通じて借金を整理し、返済の負担を軽減したり、免除されたりする方法です。

債務整理にはいくつかの方法があり、その選択肢は個々の状況によって異なります。

以下に債務整理の主要なポイントと種類をまとめます。

①債務整理の目的
債務整理の目的は、借金で苦しむ人々を法律を使った経済的な立て直しのサポートを行うことにより、将来的な生活再建と新たなスタートへの支援をすることです。

⓶債務整理の種類
債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の主に3つの方法があります。

任意整理

「任意整理」とは、多額の債務に苦しむ人が、債権者(貸し手)と交渉し、債務を整理する一連の手続きの一つです。

この方法では、返済計画を合意のもとで立案し、利息の軽減や一部債務の減免を実現できます。

他の方法とは異なり、裁判所に立ち会う必要がないため、手続きが比較的簡単であるとされています。

返済期間や返済額については、債権者との協議によって決まります。

通常、3年から5年の返済期間が一般的ですが、取引の履歴や条件に応じて5年以上の長期間を設定することも可能です。

任意整理の利点は、裁判所の介入がなく、返済計画を柔軟に調整できる点です。

一方で、任意整理には債務者と債権者の合意が必要です。

合意が達成されない場合、別の債務整理手続きを検討する必要があるかもしれません。

また、任意整理を行った場合、信用情報機関に事故情報が記録されるため、事故情報が抹消されるまでの期間は、新規の借り入れやクレジットカードの更新が難しくなる場合があります。

個人再生

「個人再生」とは、裁判所の手続きを経て借金を削減する手段です。

自己破産とは異なり、借金の完全な免除ではなく、一部を減額して返済しやすくすることを目指します。

具体的には、債務者が裁判所に申し立てを行い、手続きを開始します。

裁判所がこの申し立てを受け入れると、債務者は債権者に対して、借金の減額を含む新しい返済プランを提案し、債権者がそれを承認した場合、この計画を裁判所に提出できます。

そして、この計画が裁判所で承認され、債務者はそれに従って債務を返済します。

個人再生の主な利点は、借金の元本そのものを削減できる点です。

これは、債権者との合意に基づき利息の削減や返済計画を見直す「任意整理」とは大きく異なります。

たとえば、600万円の借金がある場合、最大で120万円まで減額できることがあります。

もっとも、任意整理の項で触れた通り、個人再生を行った場合であっても、信用情報に影響が出ます。

また、ローンの残っている車などは、引き揚げの対象となることがあり得ます。

自己破産

「自己破産」とは、債務者が返済が困難な状況に陥った際、裁判所に申し立てて、財産を売却し債務を清算する代わりに、残りの借金を免除してもらう手続きです。

手元の資産を売却することで、借金の額にかかわらず、支払いを免除できるという点から、債務整理の最終手段と言えるでしょう。

ただし、自己破産には注意点もあります。

まず、信用情報に「事故情報」として記録され、最長で10年間、新たに借り入れを難しくすることがあります。

また、貴重な資産(例: 家や車)を維持できなくなる可能性もあります。

さらに、自己破産特有のデメリットとして、手続き中には特定の職業を行うことに制限がかかる場合もあります。

ただし、借金を全て返済する必要がなくなるという点は非常に魅力的です。

自己破産は難しい決断かもしれませんが、同時に借金の負担を軽減する手段でもあるのです。

債務整理がクレジットカードに与える影響

ここまで、債務整理の手続きの概要について説明してきました。

債務整理は借金を減額し、返済の負担を軽減する可能性がありますが、同時にいくつかのデメリットや手続き上の制約も伴います。

これらのデメリットや制約は、手続きごとに異なる特徴がありますが、共通しているのは信用情報への影響です。

借金を始めると、その事実は各クレジットカード会社や消費者金融を通じて、信用情報機関に登録されます。

そして、債務整理を行う場合、債権者はその事実を信用情報機関に通報し、事故情報として記録されることになります。

では、この事故情報がクレジットカードにどのような影響を及ぼすのか、詳しく見ていきましょう。

クレジットカードは使い続けられる?

前提として、債務整理には「任意整理」と「法的整理」という2つの方法が存在します。

法的整理の場合、債務整理の対象を選ぶことができず、借入残高があるクレジットカードは全て対象となります。

借り入れがある限り、そのカードは法的整理の影響を受けなければなりません。

一方、「任意整理」の場合、債務整理の対象を選ぶことができます。

従って、手続きを行うクレジットカードと行わないカードに分けることができます。

債務整理をしたクレジットカードは強制解約となり、以降そのカードは利用できなくなります。

これにはいくつかの理由があります。

第一に、カードの残高を確定する必要があるためです。

無期限にカードを使用できる状態が続いてしまうと、正確な借金額が確定されないためです。

第二に、クレジットカード会社の判断が影響します。

クレジットカード会社としては、債務整理を行う債務者に対して、カードを継続して使用させることによる返済リスクが存在するため、利用規約に「債務整理時に契約解除する」という文言を盛り込むこともあります。

債務整理対象外のカードも使えなくなる可能性あり

それでは、債務整理の対象外であるか、または使用しておらず残高が存在しないクレジットカードについてどうなるのでしょうか。

この点に関して、債務整理が行われている間はしばらくの間、これらのカードを引き続き利用することが可能です。

しかしながら、突然に利用停止の措置が取られる可能性があるのです。

その背景にはどのような理由があるのでしょうか?

債務整理を実施すると、信用情報に事故情報が記録されます。

信用情報は審査や契約の更新時に、借金残高や支払い履歴などを評価するための情報として利用されます。

そして、クレジットカード会社は定期的に信用情報を確認していることが多く、これを基にして契約を継続するか、クレジットカードの限度額をどの程度に設定するかを決定しています。

そのため、債務整理を行い信用情報に事故情報が記載されている場合、クレジットカード会社はその情報に基づいて判断を下します。

その結果、カードの利用が停止されたり、限度額が削減されたりする可能性があるのです。

債務整理をしたらクレジットカードは更新できる?

上述しました通り、債務整理の対象となったクレジットカードは解約扱いとなります。

そのため、更新をすることはできません。

では、債務整理の対象とならない別のカードはどうでしょうか?

債務整理の対象外となるクレジットカードに関しては、契約の更新が可能かどうかは各カード会社の判断に依存します。

当然ながら、事故情報が信用情報に記録されている場合であっても、必ずしも解約や限度額の縮小が行われるわけではありません。

ただし、事故情報の存在は更新の際に考慮される要因となり、契約の更新が行われるかどうかの判断に影響を与える要素となります。

従って、カードが更新されないまま解約されるケースや、解約はされなくても限度額が減少する場合が生じる可能性も考えられます。

クレジットカードの新規契約はできる?

債務整理をした場合、新規のクレジットカードの契約は可能でしょうか。

これについても、契約の可否は各クレジットカード会社の審査判断に委ねられます。

従って、審査が通るか否か、新しい契約が成立を認めるかどうかは、各カード会社の判断によるものです。

しかしながら、債務整理中前後に新たなクレジットカード契約を締結するのは一般的に困難とされています。

審査が通らない理由は明確に公表されていませんが、事故情報を懸念材料とし、貸し付けをしていない可能性はあり得ます。

では、信用情報に事故情報が登録されてしまった場合、その後にクレジットカードの審査が通る可能性はなくなってしまうのでしょうか。

そのようなことは実際にはありません。

信用情報は、債務整理の手続きが終了した後、約5年間にわたって登録されると言われていますが、この期間が終了すると再度、クレジットカードを取得するチャンスが巡ってくる可能性があります。

また、信用情報を悪化させる原因は債務整理だけに限りません。

・長期の支払い遅延
・収入に対して過大な借入額
・借金の滞納
・借入総額が総量規制を超えるほどの額

上記の要素も信用情報が悪化する原因となります。

そのため、債務整理が終了してから審査に落ちた場合、すぐに債務整理の影響を疑うのは早計かもしれません。

実際には、収入の不安定さや借入額の大きさなど、別の要因が影響している可能性もあります。

クレジットカードを使い続けるリスク

ここまで、債務整理の手続をすることによって、クレジットカードの使用が制限される可能性について説明してきました。

申し上げにくいことではありますが、債務整理手続中に、クレジットカードの使用を続けるのは難しく、更新や新たな契約に関しても重大な影響が生じる恐れがあります。

そのため、クレジットカードを手放したくないという気持ちから、債務整理を選ぶことにためらいが生じることも理解できます。

ただし、債務整理を検討するほどの状況で、クレジットカードを利用し続けることばかりを考えることは、問題を大きくするだけとも言えます。

もちろん、借金がある状態が全て悪であるとは限りません。

車のローンや住宅ローン、奨学金など、人生を豊かにし目標を達成するために必要な借り入れも存在します。

しかしながら、借り入れの大半は生活費の補填や収入減によるものとされ、このような状況での借り入れを継続していっても、完済は難しいでしょう。

また、長引けば必然的に破綻の可能性が高まります。

これは一般的に良い家計状況とは言い難い状態です。

こうした借金事態においては、まず債務整理を通じて整理し、その後は借金に頼らずに生活するために収入や家計の収支、生活環境を見直す必要があると言えます。

さらに、クレジットカードの利便性には潜在的な落とし穴が存在します。

全ての買い物を実店舗で現金で行う場合と、ウェブショッピングでクレジットカードを使用する場合とでは、心理的なハードルが著しく異なります。

読者の皆様も、「クレジットカードでの買い物は気軽で、ついつい買いすぎてしまい、後日驚くような明細が来てしまった」ということは、経験があるかもしれません。

これは、クレジットカードによる支払いは、実際のお金が手元から離れる感覚が薄く、過度の使用につながるためです。

借金と決別するために

本記事では、債務整理の前後に、クレジットカードが使えるか?ということを解説してきましたが、借金と決別するためにはクレジットカードは使えない方がよいのです。

どれほど固い決意をしたとしても、使えるクレジットカードが手元にあれば、使ってしまうのが、人の性分です。

借金問題は精神論では解決しないのです。

債務整理は、支払いが遅れたり、返済が不能なほどに高額になっている借金問題を解決します。

また、債務整理をすれば、クレジットカードは強制的に使えなくなり、将来の借金を増やす危険を避けることができます。

「借金問題が解決する」これが債務整理のミッションであり、「借金完済への道が開ける」のが最大のメリットと言えるでしょう。

まとめ

・債務整理はクレジットカードの利用に影響をおよぼす

債務整理後はクレジットカードを使うことが難しくなります。

債務整理の対象としたクレジットカードは解約となります。

また、対象とはならなかったカードも、利用制限がなされる場合があります。

・新しいクレジットカードの更新や契約も制限がされる可能性がある

クレジットカードの更新や契約には、信用情報に基づく各会社の審査が必要であり、債務整理をすると信用情報に影響が出ます。

そのため、信用情報が回復するまで、新しいカードを手に入れるのは難しいかもしれません。

そして、債務整理後は、信用情報の回復に5年程度の時間がかかることを覚えておくべきです。

・借金があるのにクレジットカードを使い続けるのはリスクが高い

ただし、借金があるのにクレジットカードを使い続けるのはリスクが高いと言えます。

そのため、借金問題から脱出するためには、債務整理により、クレジットカードの使用を強制的に禁止することで借金を増やさない、借金を減らしやすい環境を整えることが有効といえます。