減額シミュレーション 減額シミュレーション
債務整理

債務整理後の喪明け審査とはどういう意味?審査が通らない理由と対策方法を解説します

「債務整理後の喪明け審査」は、ネット上で使われる俗語で、「債務整理を終えた後の状況」を指しています。

とはいえ、債務整理を行うと、その事実が信用情報に記録され、その影響は一般的に債務整理完了後、約5年間続くとされています。

そのため、喪明け審査をあまりに早急に行うことは、かえって不利益を生じる恐れがあることに注意をしましょう。

この記事では、債務整理後の信用審査が難しい理由と、債務整理後にあまりに早く借り入れをしようとするリスク、どうしても審査を通したい場合の対処方法について詳しく説明します。

債務整理前後で信用情報はどうなるのか?

債務整理を開始すると事故情報が信用情報に登録される

信用情報とは、個人の借入状況、返済履歴、債務残高など、金融機関の利用に関するデータのことです。

債務整理を始めた場合、「当初の契約どおりの支払ができていない」という情報が信用情報機関に記載されることとなります。

これがいわゆる「事故情報」として知られているものです。

具体的には、債務整理を行った場合、取引履歴の一部として「債務整理」という情報が記録されます。

また、返済予定日を過ぎても返済がされない場合は「延滞、遅延」という情報が記載されますし、保証会社が関与している場合、保証が適用されることを示す「異動」や「代位弁済」といった情報も登録されることとなります。

事故情報が登録されている場合、金融機関からは「借金を返済できなかった人」と見なされ、新たな借入やクレジットカードの審査に通過することは難しくなります。

正式な言葉ではありませんが、この状態は「ブラックリスト」と呼ばれています。

債務整理後の喪明けはいつごろ?

信用情報に登録される期間は、どの債務整理手続を行ったかによって異なります。

通常、消費者金融やクレジットカードなどを債務整理した場合、登録期間は「手続きが完了してから5年間」とされています。

ただし、自己破産や個人再生を行った場合は「手続きが完了して10年以内」としている信用情報機関もあるため、すべてのケースで5年となるわけではありません。

例えば、銀行や信用金庫などの金融機関が関与する個人再生や自己破産を行っている場合は、最大で10年間、借り入れが出来ない可能性があるのです。

前文でもお話しました通り、債務整理後の喪明けとは、「債務整理が完了し、審査が通る状態のこと」をいうのですが、債務整理後の喪明けは、任意整理であれば「債務整理の手続き完了後から、概ね5年後」が目安となり、自己破産や個人再生の場合は「手続きが完了から概ね10年後」となると言えるでしょう。

事故情報の登録期間の目安

手続きの内容KSCJICCCIC
任意整理5年5年5年
個人再生10年5年5年
自己破産10年5年5年

債務整理後にあまりに早く借り入れをしようとすることのリスクとは?

審査ブラックになる

債務整理直後の審査は、信用が回復しきっていないと考えるのが通常のため、通過率が非常に低い傾向があります。

そのため、A社での申請が却下された場合、B社、さらにC社などといった他の金融機関に立て続けに申し込みを続け、何度も申込みを行うことで、どこか一つでも審査を通そうとするかもしれません。

しかし、このような行動は非常に危険です。

その理由は、「審査ブラック」と呼ばれるリスクが存在するためです。

実は、信用情報機関は、個人の借入れ履歴だけでなく、借入れやクレジットカードの申し込み履歴も記録しています。

これらの申し込み履歴は、申し込みから半年間は信用情報に残り、短期間に2回以上の申し込みがある場合、今後の審査に悪影響を及ぼすとされています。

この状態は「審査ブラック」と呼ばれています。

短期間に集中してキャッシングやクレジットカードの申し込みを行う人々は、「即座に資金が必要で、急いで借入れをしようとしている」ように思われても仕方がありません。

こうした状況では、「貸付を行っても返済が遅れたり、焦げ付きのリスクが高い」と判断されてしまうのです。

そのため、債務整理が終了したとしても、すぐに借入れやクレジットカードの申し込みをするのはお勧めできません。

また、一つの金融機関で却下されたからといって、焦って複数の金融機関に連続して申し込むことも避けるべきです。

債務整理に逆戻りする可能性も

審査を通す必要のあるものには、事業ローン、フリーローン、住宅ローン、カーローン、ショッピングローン、キャッシングローンなど様々な種類のものがあります。

利用目的も金利も手数料もそれぞれ違いますが、これらはいずれも借金であり、借り入れを行ったからには、返済をしなければならないものです。

債務整理をしている人には耳の痛い話かもしれませんが、借金というのは一度してしまうと、返すのは大変に難しいものです。

毎月の返済には利息を付されており、返済のためにお金を払ったら、手持ちが足りなくなり、また借金をするという負のスパイラルに陥りやすいのです。

そのため、債務整理で借金から解放されたのにも関わらず、あっという間に債務者に逆戻り、二度目、三度目の債務整理になってしまったと言うケースは後を絶ちません。

どうしても審査を通したいときの対処法

審査が厳しくない貸金業者を選ぶ

審査は、信用情報に基づき行われていますが、「事故情報があるから貸し付けをしてはいけない」などと決まっているわけではありません。

信用情報の取扱いは各金融機関によって異なり、各会社や銀行内で定められた基準があるのです。

言い換えると、審査が非常に厳しい貸金業者と、他と比べると審査はそこまで厳しくない貸金業者があるということです。

例えば、中小の街金業者などは、大手消費者金融と比べて比較的審査が通りやすいと言われていて、「ブラックでも借りられる」などとうたう業者もあるようです。

ただし、信用情報などに問題があっても審査を通すということは、ハイリスクな相手にお金を貸しているということですから、代わりに金利が他の消費者金融よりも高かったり、取り立てが厳しかったり、融資可能額が低く抑えられているという、別の面での不利益は存在します。

さらに、正規の業者からはどこからも借り入れが出来ないという窮状に付け込んでくる、闇金業者も存在します。

闇金業者は「ブラックでも貸しますよ」「即日融資しますよ」などと甘い言葉で誘い、違法な金利を取ることで貸し付けを行い、その取り立ては違法行為を伴う場合もあります。

ですので、信用情報に問題がある人にもお金を貸してくれるというような相手は、基本的にはハイリスクの相手であることを認識すると同時に、正規の貸金業の許可を取っているか確認をしてから借り入れをすることが必要でしょう。

デポジット型クレジットカードを選ぶ

デポジット型のクレジットカードを利用することは非常におすすめです。

デポジット型クレジットカードは、あらかじめ保証金を支払い、その金額の範囲内でカードを使用できるクレジットカードです。

例えば、10万円の保証金を支払った場合、カードの使用限度額は最大で10万円に制限されます。

デポジット型クレジットカードに似たタイプのカードとして、プリペイドカードやデビットカードがありますが、プリペイドカードは利用する金額を事前にチャージする必要があります。

しかし、デポジット型クレジットカードは、一度の保証金支払いで利用でき、チャージの手続きが不要です。

また、デビットカードはカードを使用した瞬間に口座から引き落とされますが、デポジット型クレジットカードは支払いに1~2か月の遅延があるため、通常のクレジットカードと同様に請求が行われます。

デポジット型クレジットカードは、保証金を支払いその範囲内で融資額を決めることで、信用評価が低い人でも審査に通りやすいと言われています。

そのため、クレジットカードの審査が難しいとされる債務整理を経験した人や不安定な収入を持つ人に適しています。

また、通常のクレジットカードと同じように、リボ払いや公共料金の支払いにも利用できます。

さらに、保証金の範囲内での利用が限られるため、使いすぎのリスクが低く、無計画な支出が起きにくいです。

ただし、デポジット型クレジットカードを利用するには、あらかじめ保証金を支払う必要があるため、一定の資金が必要です。

また、保証金を超える金額の支払いはできないため、高額な購入には適していません。

家族カードなどを利用する

信用情報に関する問題は、基本的に本人だけに影響を及ぼすものであり、家族や親族には影響を与えません。

たとえあなた自身がクレジットカードを取得できない場合でも、安定した収入を持つ家族がクレジットカードを所有し、それを共有する方法があります。

これが「家族カード」と呼ばれるものです。

家族カードは、クレジットカードの一種で、クレジットカード契約を結んだ本人(本会員)が、家族やパートナーなどと共有して使用できるカードです。

家族カードは、通常のクレジットカードと同じように、後払いなどで利用できます。

また、家族カードを持つ人も、本会員と同じ特典やポイントプログラムを利用することができます。

ただし、家族カードの使用に関しては、本会員が責任を持つ必要があります。

家族カードの使用方法や支払いについて、本会員が責任を負います。

また、家族カードを使用するためには、本会員の許可が必要であり、本会員がクレジットカード契約を解除すると、家族カードも使用できなくなるので、注意が必要です。

頭金を用意する

車のローンや住宅ローンを組む際に、審査をスムーズに通過するためには、一定の金額を頭金として用意することが有利とされています。

頭金を増やすことで、借入額を制限できるため、月々の返済額を削減できる利点があり、金融機関としてもリスクを低減できるため、審査の結果に良い影響を及ぼすことがあります。

ただし、頭金の金額を決める際には、追加の支出に対処できるかどうかを考慮すべきです。

例えば、予期せぬ病気やケガにより収入が減少したり、急な出費が発生する可能性もあるかもしれません。

こうした状況に備えて、手元に一定の金額を確保することは、頭金の準備と同様に重要です。

このため、手元に残すべき金額と頭金の金額のバランスをどのように設定すべきかは一概には言えませんが、生活費をカバーできるくらいの金額を半年分程度は手元に残すことを目安とすることがおすすめです。

審査を通すのをあきらめる

ここまで、審査を通すための対策方法をご紹介してきました。

ここで一度、「そもそも、審査を通したい理由とは何でしょうか?」ということを考えてみましょう。

「生活が苦しいからお金を借りたい」と言うなら、それは問題です。

債務整理をして借金から解放されたのですから、借り入れで生活を回すことを考えるのではなく、収入の範囲内で生活することを覚えましょう。

「カードが使えないのが不便」というなら、上記のような別の方法で代用は十分可能です。

「住宅ローンやカーローンを組みたい」という希望だって、頭金次第で通る場合もあります。

中には、「審査が通らないのはかっこ悪い」とか「社会的なステータスが下がってしまう」というような、見栄やプライドで審査を通したいと思う方もいるかもしれません。

では、以下に債務整理をした2人の人物を挙げます。

債務整理後に審査を通らなかったAさん(30代 男性)

月収25万円
貯金150万円
貸金業者等からの借入可能額0円

債務整理後に審査に通ったBさん(30代 男性)

月収25万円
貯金0円
貸金業者等からの借入可能額150万円

AさんBさん、どちらも150万円のお金がつかえる状態ですが、率直な意見として、どちらの方になりたいでしょうか。

「Aさんは審査に合格しなかったが、Bさんは審査に通過しているので、Bさんの社会的地位が高いだろう」と思いますか?

「貸金業者から150万円も借りられることができるなんて、Bさんはかっこいい」と思いますか?

ほとんどの人は、審査に通らなくても貯金があるAさんのようになりたいと思うでしょうし、借り入れ可能であることは憧れるようなものでもないのです。

また、審査に通らないからといって、困ることはほとんどありません。

住宅ローンの審査に合格しなくても、賃貸物件は問題なく借りられますし、それで半人前扱いを受けたり、人間失格とされることはありません。

カーローンの審査に通らなくても、リースやレンタカーなどを利用して好きな車に乗ることだってできますし、クレジットカードがないからといって、現金での買い物を断られるということもありません。

ちゃんと仕事をし、収入内で生活できれば、審査に通らなくても生活への悪影響はほとんどないのです。

まとめ

厳しい言葉かもしれませんが、債務整理をしているということは、一度は借金問題で失敗したということです。

失敗を真摯に反省して、借金と距離を置くことを覚えないと、また失敗してしまう可能性が十分にあります。

借金と距離を置くためにも、借入やクレジットカードの審査を諦めることが正しい選択かもしれないということを覚えておいてください。