減額シミュレーション 減額シミュレーション
債務整理

債務整理するとローンが組めない本当の理由

ローンを組むことは、個人のライフプランや将来設計において極めて重要な決断です。

そのため、債務整理から回復し、再びローン契約が可能になる時期についての関心が高いと言えます。

債務整理を実施することで、しばらくの間、ローン契約が難しくなるという事実がありますが、その後の具体的なタイミングは、借り入れの目的や契約内容によって異なることに留意すべきです。

この記事では、債務整理の完了後、いつから新たなローンを組むことが可能になるのか、早期にローン契約を再開するためのポイントについて説明します。

債務整理後にローンが組みずらい理由とは

信用情報に影響が出る

信用情報とは、個人のクレジットカードやローンなどの契約履歴や申し込み情報を指し、客観的な金融取引データを含む個人データのことです。

これらの情報は、借り入れ先の会社や金融機関を介して、信用情報機関によって収集および管理されています。

信用情報には、個人の氏名、住所、申し込み履歴など、さまざまな情報が含まれていますが、その中には「異動情報」と呼ばれる項目があります。

異動情報は一般的に「事故情報」や「ブラックリスト」とも称され、信用に対する否定的な情報を指し、借入審査に不利な影響を及ぼすことがあります。

具体的な異動情報には以下のようなものが含まれます。

延滞・遅延支払いが遅れること
代位弁済保証会社などが債務者の代わりに貸主に返済を行うこと
債務整理弁護士や司法書士に依頼して借金の減額や返済猶予などの手続きを行うこと
強制解約クレジットカード会社が会員との契約を一方的に解除すること

信用情報に影響が出る期間

では、債務整理を行って、いわゆるブラックリストに登録された状態になったら、これはどのくらいの期間、影響が出るのでしょうか。

債務整理を行った場合、手続きの内容に応じて登録期間が異なります。

事故情報の登録期間の目安

手続きの内容KSCJICCCIC
任意整理5年5年5年
個人再生10年5年5年
自己破産10年5年5年

通常、消費者金融やクレジットカードなどの債務整理を行った場合、登録期間は通常5年間です。

一方、個人再生や自己破産が金融機関(例: 銀行、労働者金庫など)に関連する場合、一般的に10年間登録されると言われています。

さらに、信用情報機関同士が情報を定期的に共有していると公表しており、そのため、銀行が元々自己破産や個人再生の対象でなかったとしても、自己破産の履歴が確認される可能性があることに留意すべきです。

一般的な基準としては、任意整理の場合は5年間、個人再生や自己破産の場合は10年間、事故情報が登録されると言われています。

債務整理後にローンを組む方法

信用情報を回復する

信用情報は時間が経過しないと消えないのですが、少しでも早くブラックリストから抜け出すためには以下の行動が役に立つかもしれません。

債務整理を早めに終わらせる

信用情報は借金の完済日や契約完了日を基準に事故情報を消去することが多いです。

ですから、債務整理を早く終えれば、事故情報が早く消える可能性が高まります。

任意整理や個人再生の場合、繰り上げでの返済を行うことで、早期に手続きを完了する。

自己破産の場合、早めに申し立てを行うなど、行動のペースを上げることで、早期解決に結びつけることが重要です。

返済の実績を築く

信用情報には返済の履歴なども記載されていることから、これらも審査のポイントとなり得ます。

滞納などせずに信用を回復するために、ローンやクレジットカードの返済を地道に行いましょう。

信用情報に返済実績が積み重なると、将来のローン申請が有利になります。

誤った情報を修正する

時折、信用情報に誤った情報が登録されることがあります。

クレジットカードの不正利用や金融機関のミスが原因です。

誤った情報があれば、信用情報機関に連絡して修正や削除を依頼しましょう。

これらの行動を取ることで、信用情報を早く回復する可能性があります。

比較的審査が通りやすい会社に申し込む

審査が比較的通りやすいと言われている金融機関や信販会社などに申し込むことが選択肢として考えられます。

信用情報が審査に影響することを前述しましたが、各金融機関は信用情報をどのように評価するかについて独自の判断を下します。

そして、リスクをどの程度まで許容できるかを考慮し、独自の審査基準を設けています。

そのため、異なる金融機関ごとに、審査が比較的通りやすい場合と通りづらい場合が存在することになります。

債務整理先は申し込まない

融資の承認や却下は、審査の際に確認をする信用情報機関から提供される個人情報データの他に、各会社が保有する内部情報に基づいて決定されます。

例えば、過去に返済を怠っていないか、クレームや問題行動がないか、契約違反に抵触するおそれのある事実を隠したり、虚偽の情報を提供したことがないかなども、各会社で内部情報として保管している可能性があります。

そして、過去に債務整理を行った場合、その情報はクレジットカード会社の内部に残り、これが審査においてネガティブな影響を及ぼす可能性があります。

もっとも、クレジットカード会社が内部で持つデータや信用に関する情報の具体的な影響度は一般には公にされておらず、審査においてどの程度のウェイトが置かれるかは透明性がありません。

ですが、再度融資を申し込む際には、債務整理を経験した会社を選ぶのはリスキーであり、ほかの金融機関やクレジットカード会社、消費者金融での申し込みを検討する方が無難です。

ローン内容別にローンを組むための対策方法を解説します

住宅ローン

これは、いくつか考えられます。

保証人を頼る方法

住宅ローンの審査で信用が不足している場合、信頼性のある保証人を見つけることが有効です。

保証人は、あなたの借入金の償還に責任を負うため、信頼できる人を選びましょう。

親族や信頼のおける友人が候補となりますが、保証人にはリスクが伴うことを理解しておくべきです。

不動産担保ローンの利用

不動産担保ローンは、既に所有している不動産を担保に新たな住宅ローンを組む方法です。

これにより、信用情報の問題を回避できます。

ただし、不動産の価値や担保の条件をよく検討し、計画的に利用しましょう。

頭金の用意

住宅ローン審査において、頭金を用意できることは有利です。

頭金を支払うことで、借入額が減少し、信用リスクが軽減されます。

頭金の額に応じて住宅ローンの金利や月々の返済額が変わるため、計画的に用意しましょう。

安定した仕事に就く

安定した収入源を持つことは、住宅ローンの審査において重要です。

安定した仕事に就いて、収入履歴を築くことで、信用が向上します。

転職や収入の不安定な状況を避け、安定した雇用状態を維持しましょう。

カーローン

車のローンは、実物の車を担保にしているため、債務整理後においても他のローン(例:住宅ローンやキャッシング)と比較して、借金を組みやすいとされています。

ただし、ローンの種類によって審査が厳しいか甘いかの違いがあるため、この違いを理解することが重要です。

カーローンには、次の3つの主要なタイプがあります。

銀行系マイカーローン

銀行が提供するカーローンで、低金利と所有権留保がないという利点があります。

ただし、これは債務整理後に利用するのが難しいとされており、審査が厳しい場合があります。

ディーラーローン

カーディーラーと提携した信託会社やクレジットカード会社、保証会社から提供されるローンで、購入する車が担保となります。

担保があるため、審査は比較的甘いとされていますが、信用情報を参照するため、債務整理後であっても審査に落とされる可能性があります。

自社ローン

これは販売店が独自に提供する分割支払いプランで、通常の金融商品とは異なります。

自社ローンは一般的に審査が通りやすいとされています。

ただし、金利は高めに設定されており、銀行やディーラーローンに比べて利息が高くなることがあります。

また、販売店内部の独自の審査基準を満たす必要があることもあります。

自社ローンは販売店の審査基準をクリアする必要がありますが、その他のオプションと比べると債務整理後に利用しやすいローンです。

ただし、金利が高いため、注意が必要です。

クレジットカード

クレジットカードは、債務整理後の契約が難しいケースがあります。

場合によっては契約が成立しても、限度額が制限されたりすることもあります。

それでもクレジットカードを持ちたい場合、以下の2つの方法を考えることができます。

家族カードを利用する

家族カードは、クレジットカード会社と契約を結んだ本会員が、家族やパートナーなどと共有して使えるカードです。

家族カードも通常のクレジットカードと同様に利用でき、後払いなどが可能です。

また、家族カードの持ち主も本会員と同じ特典やポイントプログラムを享受できます。

この方法を選ぶと、ポイントを共有して活用できます。

審査の通りやすいクレジットカード会社を選ぶ

クレジットカードの審査は各信用情報会社やクレジットカード会社独自の基準に依存しています。

そのため、審査が通りやすいと言われるクレジットカード会社を選ぶことが有効です。

具体的には、以下のクレジットカード会社が審査が比較的通りやすいとされています。

楽天カード
✅イオンカード
✅三井住友カード など

これらのクレジットカード会社は、信用情報を独自に判断し、比較的緩めの審査基準を設けています。

そのため、債務整理後においても審査に通る可能性はあるかもしれません。

消費者金融からのキャッシング

消費者金融からの借り入れについても考えてみましょう。

債務整理後に消費者金融からの融資を受けることは、非常に難しいと言えます。

特に、大手の消費者金融会社は、過去の多くの個人情報データに基づくスコアリングを用いて審査を行います。

そのため、信用情報にわずかな問題がある場合、審査が不合格に終わる可能性が高まります。

一方で、中小の消費者金融会社は、比較的寛容な審査を行うことがあります。

中小の消費者金融会社では、過去の金融トラブルよりも「現在の返済能力」を優先的に評価し、個別の状況や事情を包括的に考慮することが一般的です。

そのため、信用情報に不安材料がある場合においても、個別の状況や返済能力を考慮して融資を検討してくれることがあります。

ただし、中小の消費者金融会社が主に「大手消費者金融会社や銀行から拒絶された借り手」に対して融資を行うため、リスクを見越して金利が高めに設定されることがあります。

また、取り立ての方法が大手よりも厳格であることや、法的な問題が生じる可能性がある督促手段を用いることがあるため、これらの点にも留意する必要があります。

ローンを組まないのが最適かも

最後になりますが、「ローンを組まない」というのも、立派な解決策ではないかと思います。

そもそも、債務整理を済ませて借金から解放されたのに、家や車の購入のためにローンを組んだり、新たな借金をすることが、本当に必要な選択肢でしょうか。

債務整理をしたら、確かにローンは組みずらくはなります。

ですが、ローンを組むことができないことを受け入れ、借金から距離を置き、自分の収入の範囲内で生活することが最も賢明な選択肢かもしれません。

まとめ

信用情報への影響と期間

債務整理後、信用情報には一定の影響が生じます。

この影響は約5年間続き、信用情報に不利な情報が残ります。

債務整理後にローンを組む方法

債務整理後にローンを組むための具体的な方法として、信用情報を回復し、比較的審査が通りやすい会社に申し込む、債務整理先は申し込まないなどの対策が必要です。

ローン内容別の対策方法

住宅ローンを検討する場合、信用情報の回復と安定した収入源を持つことが重要です。

頭金を用意することも審査通過の一助になります。

カーローンを組む際は、自社ローンを検討することができます。

ディーラーローンなどとくらべて、比較的、審査も通りやすいと言われています。

債務整理後のクレジットカード取得を検討する場合、家族カードを利用するか、審査が通りやすいクレジットカード会社への申し込みが有効です。

消費者金融からのキャッシング

債務整理後に消費者金融からのキャッシングを検討する場合、中小消費者金融を選ぶことで、多くの場合、審査が通りやすくなります。